ひとり親Tokyo│一般財団法人 東京都ひとり親家庭福祉協議会│自立支援事業│東京ムーヴ事業│東京都│新宿区

 

ゴールドマン・サックスからの支援事業

  • HOME  > 
  • ゴールドマン・サックスからの支援事業
   
 
  ≪ 第6期募集のお知らせ ≫
  
 

ひとり親就労支援プロジェクト

ひとり親就労支援プロジェクト
 
 厳しい経済状況の中、多くのひとり親家庭では不安定な就労形態の問題や経済的な課題を抱えています。このような現状を踏まえ、東京ボランティア・市民活動センターでは2011年からグローバルな金融機関であるゴールドマン・サックスと協働し、また2014年からは東京都ひとり親家庭福祉協議会とも連携し、ひとり親家庭への就労支援プロジェクトを実施しています

 本プロジェクトを通じて、経験豊富な就労アドバイザーが一人ひとりの強みや希望、状況に応じた就労相談を継続的に実施し、キャリアアップを図る支援を行います。このプロジェクトは、ゴールドマン・サックス・ギブズ・コミュニティ支援プログラムの一環として実施します。

 

ゴールドマン・サックス・ギブズ・コミュニティ支援プログラムとは

 
 
 ※ 応募受付は終了いたしました。
   たくさんのご応募ありがとうございました。
 
 

募集要項

募集要項
 
6期募集要項 ( 2015-08-07 ・ 685KB )
 
就労明細書 ( 2015-08-07 ・ 77KB )
 
申込書 ( 2015-08-07 ・ 163KB )
 

問合せ

問合せ
 
 

ひとり親就労支援プロジェクトの概要

ひとり親就労支援プロジェクトの概要
 

 日本においても、離婚やDV、未婚などを理由としたひとり親家庭が増加しています。ひとり親、特に母子家庭の就労形態は非正規雇用が多く、経済的に不安定です。また、就労に関する専門性の高い相談を受ける機会の少なさや、資格取得のための資金不足、子育てとの両立などが課題となっています。

 このような現状から、ひとり親就労支援プロジェクトでは、就労の専門家との定期的な面談を行い、一人ひとりの「キャリアアップ計画」を策定し、ひとり親の経済的自立を支援します。また、計画を立てていく中で必要と判断された場合には、資格取得のための支援や、託児サポート、お子さんの学習支援なども併せて行います。
 
 

 経験豊富な就労アドバイザーとの定期的な面談を通して、「3か年のキャリアアップ計画を作り、実行する」ことを支援しますキャリアアップについての考え方・知識・スキル・行動力が身につくようなアドバイスや仕事の探し方などについて助言いたします。

 

参加者の声

参加者の声
 
参加者:Aさん

 会社に残るか、転職するか、独立するか、悩みながらこのプロジェクトに参加就労アドバイザーとじっくり話し今の会社でキャリアアップを目指すことに気持ちが固まりました。

 方向性が見えてきたので、目標にかい、英語に取り組んだり、保育のサポート体制など相談しています。

 
参加者:Bさん
  6か月間の面談を通し、自分を見つめなおす機会を得たと思っています。より多くのひとり親の方々がこのような“就労支援プロジェクト”を利用できればと思っています。
 
参加者:Cさん

 本プロジェクトに参加して、ひとりひとりの人生に正解、不正解はないこと、自分の人生は自分で何とかすること、人生を楽しむことに気づけました。すべて自分の財産だと思いました。

 

ゴールドマン・サックスとは

ゴールドマン・サックスとは
 

 

  ゴールドマン・サックスは、投資銀行業務、証券業務および資産運用業務を中心に、幅広い金融サービスを提供している世界有数の金融機関です。世界中で展開する事業拠点を中心に、各地域の社会、環境、経済のニーズに応じた社会貢献活動を積極的に展開しています。

 

 

 1997年以来、毎年継続して行われている社員参加型の地域ボランティア活動プログラムの「コミュニティ・チームワークス」をはじめ、毎年年末に児童養護施設で暮らす子ども達に願いどおりのプレゼントを届ける「サンタ・プロジェクト」やDV当事者女性を対象とした就労支援プログラムの一環としてビジネス・スーツを社員から募り寄付をする「明日へのドレスアップ」など多岐にわたる支援活動を行っています。

 

 

東京ボランティア・市民活動センター(社会福祉法人 東京都社会福祉協議会)とは

東京ボランティア・市民活動センター(社会福祉法人 東京都社会福祉協議会)とは
 

 

 社会福祉協議会は社会福祉法にもとづき、全国・都道府県・区市町村に組織されており、東京都社会福祉協議会は社会福祉に関わる様々な課題の解決や、福祉サービスの向上などを目的として、広報・啓発や調査・研究、講座・研修、ボランティア・市民活動の推進、権利擁護、福祉人材の確保、政策提言など、幅広い活動を行っている公共性の高い非営利の民間団体です。福祉サービス提供事業者、福祉団体、行政組織、ボランティア・グループ、NPOや市民活動団体、企業など、都内の福祉に関わる関係者の幅広いネットワークづくりを通して、誰もが暮らしやすい地域社会の実現を目指して活動しています。
 なお、東京ボランティア・市民活動センターはそのひとつの事業部であり、1981年よりボランティアやNPOといった市民たちの営利を目的としない主体的な社会貢献活動や企業の社会貢献活動を推進・支援しており、本プロジェクトの運営を行っています。
<<一般財団法人 東京都ひとり親家庭福祉協議会>> 〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸1番1号 セントラルプラザ5階 TEL:03-5261-1341 FAX:03-5261-1343